BTS宿舎と部屋割りまとめ【歴代ルームメイトとエピソード】

BTS

BTSの宿舎と部屋割りが知りたいあなたへ。

K-POPアイドルは宿舎で共同生活を送ることが一般的なので、BTS(防弾少年団)にも宿舎があります。

BTSが2022年まで暮らしてきた宿舎の変遷と部屋割り、宿舎で撮影された動画の視聴先をまとめました。

目次

BTS宿舎と部屋割りまとめ【歴代ルームメイトとエピソード】

BTS(防弾少年団)の宿舎はインタビューや動画によると4カ所です。

【BTSの宿舎の変遷】

  • 練習生:論峴洞・最初の宿舎
  • 練習生~2015年:論峴洞の青い家
  • 2015~2017年:レンガの戸建て
  • 2017~2022年:龍山区漢南洞の「ハンナムザヒル」

ここからは、BTSの宿舎と部屋割り、歴代ルームメイトと宿舎を撮影した動画をご紹介します。

練習生:論峴洞・最初の宿舎

BTSが練習生時代を過ごした最初の宿舎は論峴洞(ノニョンドン)です。

デビュー前の練習室は、ソウル・カロスキル近くの路地裏にある建物の地下室でした。

練習室があった建物にある「유전식당(ユジョン食堂)」は、BTSが通った食堂として有名です。

BTSがよく食べていたメニュー「黒豚石焼ビビンバ」は「バンタンビビンバ」と呼ばれています。

『N.O』のダンス練習をした「鶴洞公園」の近くには共同作業室「バンタンルーム」がありました。

最初の宿舎は「Run BTS! 2022 テレパシー」に登場します。

▼Run BTS! 2022 Special Episode

練習生~2015年:論峴洞の青い家【7人1部屋】

BTSの宿舎は練習生時代に同じ論峴洞で移転しています。

2015年までBTSメンバーの部屋は7人で1部屋でした。

デビュー当時、BTSの宿舎は論峴洞(ノニョンドン)の3階、ビルを改装した17坪の2ルームでした。

BTSはそのうちの1部屋に2段ベッド3つとシングルベッド1つを設置して7人で寝ていました。
練習生時代は床に寝るなどして最大9人が暮らしていたそうです。

デビュー当時の宿舎の様子は1周年バースデーパーティや、「新人王防弾少年団」で公開されています。

▼1st BTS Birthday Party (Jin chef of BTS)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次