長財布・二つ折りどっちもいい!【決め手はライフスタイル】

財布LIFE

「長財布と二つ折り、財布を買うならどっちがいいの?」

あなたは財布を選ぶとき、なにを最優先にしますか?
財布の種類は大きく2種類に分けられます。「長財布」と「二つ折り」です。
値段はそれほど変わりません。財布を買うならどちらがいいのでしょうか?
長財布と二つ折りはそれぞれ得意分野が違います。
使う人のライフスタイルにあわせて、各ブランドは長財布と二つ折りをラインナップしているのです。

スポンサーリンク

長財布・二つ折りどっちもいい!【決め手はライフスタイル】

長財布と二つ折り、財布を選ぶならどちらがいいのか。
答えは「あなたのライフスタイルにあった財布がいい」です。
なぜなら長財布と二つ折りには、それぞれ得意分野があるからです。

長財布のメリット

  • 財布の間口が広く、お金を財布から出し入れしやすい
  • お金を大事に扱える
  • お金がたくさん入る

長財布はお金を出し入れしやすく、お金を大事に扱えます。
「稼ぐ人は長財布を使っている」という内容の書籍は26万部のベストセラーです。

 

二つ折りのメリット

  • コンパクトで持ち運びに便利
  • カバンから財布を出し入れしやすい
  • 上着の内ポケットに入る

二つ折りはコンパクトで収納しやすく、持ち運びに便利です。
日本よりも紙幣のサイズが小さく、キャッシュレスが進んでいる海外では二つ折りが主流となっています。

ライフスタイルによって「どちらが使いやすいか」は変わります。

そして長財布と二つ折りは、それぞれ不得意なシーンもあります。

長財布のデメリット

  • 間口の狭いカバンから出し入れしにくい
  • 二つ折りよりも場所を取る

二つ折りのデメリット

  • 長財布よりも財布からお金を出し入れしにくい
  • お金がたくさん入らない

▼ 長財布と二つ折り、どっちがいいの?

【 結論 】

  • お金をたくさん財布に入れる、お金を大事に扱いたい → 長財布
  • 持ち運び重視 → 二つ折り

財布選びのよくある失敗2パターン

>>ケース1

財布のサイズを考えずに、デザイン重視で購入。
以前より大きめの財布だったためにカバンの間口ギリギリで、
傷がつかないよう出し入れに気を遣う…というケース。

 財布を選ぶときには、カバンの間口と相談すると失敗しません。

 

>>ケース2

財布にどれくらいものを入れるか考えずに、デザイン重視で購入。
財布の中身がパンパンで財布の形がゆがんでしまった…というケース。

 財布を選ぶときには、あなたが普段使ってきた財布のサイズと相談すると失敗しません。

 

財布選びに失敗しないためには、

  • これまでに使用してきた財布のサイズ
  • あなたがよく使うカバンや上着のポケットのサイズ

この2つのサイズを測ることがポイントです。

これまでに使用してきた財布のサイズに不満があるなら、どれくらい大きくするか、小さくするかを検討します。
2つのサイズをもとに財布を選ぶと間違いありません。

スポンサーリンク

【丈夫で長持ち】日本製の財布ブランド4選

日本製の革財布は、作りがしっかりしていて丈夫です。
どのブランドもコインケースから二つ折り、長財布まで種類も豊富に揃っています。
国内生産なので、リーズナブルなところも嬉しいポイントです。

     

  • 【JOGGO】  :本革財布のオーダーメイドブランド。名入れ無料。価格は6,900円より。
  • 【abrAsus】  :グッドデザイン賞を受賞したコンパクト財布のブランド。 価格は14,950円より。
  • 【土屋鞄】 :高品質なレザーを使用したシンプルなデザインのブランド。 価格は20,900円より。
  • 【COCOMEISTER】 :日本製ハイエンド革製品ブランド。価格は22,000円より。

まとめ

  • お金をたくさん財布に入れる、お金を大事に扱いたい → 長財布
  • 持ち運び重視 → 二つ折り

あなたの使い方にあわせて財布を選べば、間違いなくあなたの好きな財布を選ぶことができます。

LIFEWALLET
スポンサーリンク
idea-noto
タイトルとURLをコピーしました