ベランダ掃除は雨の日がおすすめ!基本の手順と簡単にきれいにする方法。

ベランダ掃除CLEAN

「ベランダが砂だらけで見ないようにしている」
「ベランダにコケが生えてしまった」「排気ガスでベランダが真っ黒!」
「泥だらけのベランダのどこから手をつけていいのかわからない…」とお困りではありませんか。

ベランダ掃除は大変だというイメージが強く、掃除をあとまわしにしがちです。
ベランダ掃除には簡単にきれいにできるタイミングがあります。
この記事では簡単にベランダをきれいにする方法を紹介します。ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

ベランダ掃除は「雨の日」にする

ベランダ掃除は晴れた日ではなく、雨の日がおすすめ!

ベランダ掃除のタイミングは、湿気のある「雨の日」がおすすめです。

マンションにお住まいの方は、周りのお宅に水が流れていくことが心配でベランダでは水を使いにくいもの。しかし、雨の日ならそのような心配はいりません。思う存分ベランダ掃除ができます。戸建てにお住まいの方は、いつでも掃除できますが、実はベランダ掃除は「雨の日」にすると簡単にきれいになります

雨の合間や雨が降ったあと、ベランダがぬれているときは、土などの汚れが浮いています。そのため、雨の日にベランダ掃除をすると、汚れが落ちやすいのです。ひと拭きでこびりついて取れなかった汚れがとれます。
驚くほど簡単にきれいになるので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

基本のベランダ掃除

ベランダ掃除は、まず掃き掃除をしてから、水拭きの順に行ないます。
ベランダ掃除の手順は以下の通りです。

  1. 床掃除
  2. 拭き掃除
  3. 網戸
  4. 排水溝

 

ここからは、それぞれの手順について詳しく紹介します。

床掃除

まずは、ホウキでベランダの床を掃きます。土や砂ぼこりなどを掃除しましょう。
次に、デッキブラシで床の汚れをこすり落とします。
排水溝から遠い場所から順番に汚れを落としましょう。
最後に、ホースで水をまきます。ベランダに水道がない場合はバケツに水を入れてまきましょう。

苔(コケ)が生えてしまったら

コケやカビは、熱湯をかけて、冷めてからデッキブラシでこするときれいになります。
また、キッチンハイターなどの漂白剤を薄めて使用しても取れます。
これらの方法は、あらかじめベランダの床材を確認し、目立たない場所で試してから行ってください。
どうしても汚れが取れない場合は、高圧洗浄機を使うときれいになります。

一度プロにお掃除をお願いして汚れをリセットする方法もあります。
>>おそうじ本舗

拭き掃除

雑巾で拭き掃除をします。手すりや柵、室外機、壁などについた土や砂を水拭きしましょう。排気ガスなどの油汚れには、セスキ水がおすすめです。

▼セスキ水の作り方

・水 500ml
・セスキ炭酸ソーダ 5g

セスキ水は、セスキ炭酸ソーダと水を混ぜるだけで簡単にできます。


雑巾に含ませて拭くと、排気ガスの汚れが落ちやすくなります。
セスキ水で拭いた後は、水拭きを忘れずにしましょう。

網戸

ベランダの網戸を掃除します。
網目の汚れを洗車用のブラシではきだし、次にスポンジで網目に水を通します
このときに使うスポンジは、大きめサイズがおすすめです。
スポンジは、水がたれないように下から上へ向かって動かしましょう

汚れが気になる場合は、さらに中性洗剤やセスキ炭酸ソーダ、重曹などの洗剤を混ぜた水をスポンジで網目に通します。最後に雑巾で水拭きをしましょう。

窓

ベランダの窓を掃除します。洗車用のブラシで窓の汚れをはき、次にスポンジで窓全体をぬらします。
窓がぬれているあいだに、窓の水滴をスクイージーで掃除しましょう。スクイージーがなめらかに動き、窓がピカピカになります。

スクイージーがないという場合は、新聞紙を使う方法もあります。
まず新聞紙を丸めて、水で濡らし、窓の汚れを落とします。窓がぬれているあいだに、乾いた新聞紙を丸めて、円を描くように拭きましょう。新聞紙のインクで窓がピカピカになります。

排水溝

泥や枯れ葉などのゴミを排水溝から取り除きます。歯ブラシを使うと簡単にきれいに取れます。
ガーデニングをベランダでしている場合は、枯れ葉が排水溝にたまりがちです。排水溝のゴミは、日頃からこまめに取り除きましょう。

おわりに

ベランダを簡単にきれいに掃除するためには日頃のこまめなお手入れが欠かせません。
簡単に汚れが取れ、ホコリや砂が舞い散らない雨の日に、ベランダ掃除をしてみてはいかがでしょうか。

▼お風呂掃除についてはこちら

▼キッチン掃除についてはこちら

CLEANLIFE
スポンサーリンク
idea-noto
タイトルとURLをコピーしました