トイレ掃除は毎日2~3分!基本の手順と簡単にきれいにする方法。

掃除CLEAN

「こすっても汚れがなかなか落ちない」
「掃除したはずなのにトイレがにおう…」
「なんだかトイレがほこりっぽい…」とお困りではありませんか。
トイレは汚れがたまりがちな場所。
トイレは毎日ワンアクション増やすだけで簡単にきれいになります。
きれいに掃除されたトイレは衛生的でとても気持ちがいいものです。
この記事では、簡単にトイレをきれいにする方法を紹介します。ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

基本のトイレ掃除

汚れがたまりがちなトイレは、毎日少しずつ掃除しましょう。
実は、トイレ掃除はそれほど大変なことではありません。
毎日2~3分、ホコリを拭くだけ、トイレ用洗剤をまくだけ、ブラシで軽くこするだけです。
それだけでトイレはいつもきれいな状態を保てます。まったく大変ではないので、ぜひ試してみてください。

トイレ掃除の手順は、以下の通りです。

  1. トイレ本体
  2. トイレの床

トイレ本体

まずは、トイレ本体を掃除します。

トイレ用のお掃除シートを使って、タンクと便座を拭きます。レバーも忘れずに拭きましょう。上から順番に拭き掃除をします。

便器のなかは、トイレ用の中性洗剤を使ってこすり洗いします。トイレブラシを保管することに抵抗がある場合は、使い捨てタイプのトイレブラシを使いましょう。

トイレ本体の掃除頻度は「毎日」

トイレ本体は汚れがたまらないよう、毎日少しずつ掃除しましょう。とくに、便座と便器のなかは毎日掃除すると衛生的です。汚れを見つけたら、すぐに掃除すると簡単に汚れが取れます。

トイレのタンク

トイレのタンクのなかには、ときどき重曹を入れるときれいになります。タンクのなかの水に重曹を1カップ入れましょう。あとは6時間から12時間ほど放置するだけです。
トイレをあまり使わない夜や、仕事に行く前に入れておくとすっきり汚れがとれます。

黄ばみがでてしまったら

トイレの黄ばみ汚れは尿石です。尿石は、尿の有機成分と無機成分が結合したものです。重曹を3:1で混ぜ、ペースト状にし、その上から少しクエン酸をふりかけるときれいになります。

トイレ用の酸性洗剤を使い、ブラシでこすり洗いしてもきれいに落ちます。取りきれないときは、尿石の上にトイレットペーパーをのせ、トイレ用の酸性洗剤をかけてパックします。

どうしても汚れが取れないときは、プロにお掃除をお願いする方法もあります。
>>おそうじ本舗

トイレの床

トイレの床は、トイレ用のお掃除シートを使って拭き掃除しましょう。

トイレの床の汚れが気になるときは、重曹水クエン酸水が効果的です。床の黄ばみ汚れがきれいになります。キッチンペーパーや雑巾にスプレーし、拭き掃除しましょう。仕上げに水拭きします。

▼重曹水の作り方

・水 500ml
・重曹 5g

▼クエン酸水の作り方

・水 500ml
・クエン酸 5g

重曹水とクエン酸水の作り方は、それぞれ水と混ぜるだけです。重曹とクエン酸は、スーパーの洗剤コーナーでも販売されています。

トイレ本体と床の間は汚れがたまりやすいので、ていねいに拭きましょう。

トイレの壁

トイレの壁も、トイレ用のお掃除シートを使って拭き掃除しましょう。壁は毎日トイレ本体と床を掃除していれば、ほとんど汚れません。

床と同じように、こびりついた汚れには重曹水やクエン酸水が効果的です。キッチンペーパーや雑巾にスプレーし、拭き掃除しましょう。仕上げに水拭きします。

壁はトイレの便器よりも下が汚れやすいので、ていねいに拭きます。においが気になるときは、エタノールを含ませたキッチンペーパーや雑巾で壁を拭き掃除しましょう。

換気扇の掃除

トイレの換気扇は、掃除機で掃除しましょう。専用ノズルを付けて、掃除機でホコリを吸い取ります。仕上げに雑巾で拭きましょう。カバーが取り外せるタイプなら、ブラシや歯ブラシを使ってこすり洗いします。
トイレの換気扇は、ほこりがたまりがちな場所なので、定期的に掃除しましょう。

スポンサーリンク

さいごに

トイレ掃除は、毎日2~3分、ホコリを拭くだけ、トイレ用洗剤をまくだけ、ブラシで軽くこするだけです。
使う道具は3つだけ。

  • トイレ用のお掃除シート
  • トイレ用ブラシ
  • トイレ用の中性洗剤

トイレ掃除をすると幸運になるといわれています。毎日きれいに掃除しましょう!

▼お風呂掃除についてはこちら。

▼キッチンの掃除についてはこちら。

▼ベランダ掃除についてはこちら。

CLEANLIFE
スポンサーリンク
idea-noto
タイトルとURLをコピーしました