【保育士試験】実技の「言語」は台本を暗記して課題のお話をする試験

保育士試験HOIKUSHI

 

こんにちはTOMOです。
私は2019年、保育士試験に独学でなんとか合格しました。
保育士試験の実技3分野の1つは「言語」です。
「言語はどんな試験?」「何ができたら合格なの?」
と疑問に思いますよね。
そこで、実技試験「言語」についてまとめました。

 

保育士証

スポンサーリンク

【保育士試験】実技の「言語」は台本を暗記して課題のお話をする試験

保育士試験

保育士試験の実技は「言語・造形・音楽」の3分野から2分野を選択します。
「言語」は台本を暗記して課題のお話をする試験です。

  • 言語に関する技術:3歳児クラスの子どもに「3分間のお話」をすることを想定し、課題のうち1つを選択し、子どもが集中して聴けるようなお話を行なう。

【言語】4つの課題

例年、4つの課題から1つを選択してお話をします。

2020年(令和2年)の課題

  1. 「ももたろう」(日本の昔話)
  2. 「3びきのこぶた」(イギリスの昔話)
  3. 「おおきなかぶ」(ロシアの昔話)
  4. 「3びきのやぎのがらがらどん」(ノルウェーの昔話)
スポンサーリンク

言語の試験内容

  • 試験時間:3分間
  • お話をする相手:3歳の子ども
  • 想定される場面:15人程度の子どもが目の前にいる
  • 絵本・道具(台本・人形)の使用:禁止

お話の内容は、一般的なあらすじを通してお話の世界を楽しめるように3分にまとめます。
題名は開始のあと、一番はじめに子どもたちに向けて言います。(※ 会場には子どもに見立てた椅子や箱が置かれています)
試験当日、絵本・台本・人形などの使用はできません。
お話の内容がイメージできるよう、適切な身振り・手振りを加えることは可能です。

言語の合格ラインは6割

満点の6割以上得点すると合格です。50点満点なので30点以上です。
保育士として必要な声の出し方、表現の技術、子どもに対する話し方が求められます。

  • 基本的な声の出し方・表現技術
  • 子どもに対する話し方

 

いかがでしたか。実技試験「言語」のイメージはつかめましたか?
言語は実技3分野のなかで最も受験する人が多い科目です。
3分間の台本を作り、台本を暗記して子どもたちにお話しします。
お話の世界を豊かに表現し、子どもたちに楽しんでもらえれば合格です。

実技のテキストを参考にしたい方はこちら。
>>あなたも保育士試験に合格しよう!実技のおすすめテキスト2選

通信教育は、実技の動画指導などのサポートが充実しています。そして大学や専門学校に比べ費用が圧倒的に安いです。
>>ユーキャンの保育士講座

通信教育か独学で迷っている方はこちらをどうぞ。
>>保育士試験に独学で合格するのは無理じゃない【まずは3カ月】

独学をしたいという方は、勉強方法の記事をご覧ください。
>>保育士試験に独学で合格するための勉強法【簡単3ステップ】

実技試験の参考になれば幸いです。

 

HOIKUSHISTUDY
スポンサーリンク
idea-noto
タイトルとURLをコピーしました