【保育士試験】過去問で出題傾向を分析してあなたも合格しよう!

保育士試験対策HOIKUSHI

こんにちはTOMOです。
私は独学で2019年(令和元年)に保育士試験に合格することができました。
保育士試験は難易度の高い試験ですが、過去問と同様の出題が多い試験です。
そのため過去問から出題傾向を分析して対策すると合格できます。

保育士証

スポンサーリンク

【保育士試験】あなたも合格しよう!過去問で出題傾向を分析

試験対策のポイント

過去問によると保育士試験の出題傾向のポイントは、次の4つです。

  •  正誤問題
  •  正誤の組み合わせ問題
  •  語句の組み合わせ問題
  •  断定された選択肢は、ほとんどが誤り

それでは、それぞれのポイントについて詳しく説明します。

正誤問題

「正しいもの」か「誤っているもの」を一つ選ぶ正誤問題が出題されます。

2019年(令和元年)後期【保育の心理学】

次の記述に該当する理論として正しいものを一つ選びなさい。

ギブソン(Gibson, J.J.)が提唱した知覚理論であるが、より発展的に生態学的な立場から知覚の機能を論じている。
それによれば、人は環境内にある情報を知覚し、それによって行動を調整していると考えている。
例えば、いつも入り口が開いている部屋で保育をしていると、室外に出て行く子どもがみられるが、入り口を閉めておくと、室外へ出ていくことが少なくなる。
このような子どもの行動は、環境によって適応的なものとなっている。

  1.  アニミズム論
  2.  生態学的システム論
  3.  自己実現論
  4.  アフォーダンス論
  5.  発生的認識論

正解:4

解答のなかから「正しいもの」を選ぶ問題です。
保育士試験では、このような「〇×問題」がよく出題されます。
この場合は、「ギブソンが提唱したのは、アフォーダンス論」と覚えていれば正解できます。

正誤組み合わせ問題

保育士試験で出題される問題の半分が「〇×を組み合わせた問題」です。

2018年(平成30年)前期【教育原理】

次の文のうち、「絶対評価」についての記述として適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 子ども同士を比較して、どちらが優れているかを評価する。
B 集団に準拠した評価であり、集団の質によって結果が左右される。
C 個々の学習者が、教育目標のどこまで到達したかを評価する。

(組み合わせ)   
  A B C
1 ○ × ○
2 ○ × ×
3 × ○ ○
4 × ○ ×
5 × × ○

正解:5

答えが分からない場合は、消去法を使いましょう。
絶対に違うと確信できる組み合わせを消去して、絞っていきます。
この問題の場合だと、Aは「相対評価」なので絶対に違います。
Aが×なのは、3と4と5です。
Cは「絶対評価」なので〇となり、残るは3と5です。

分からないときは、比較して考えます。
「集団に準拠した評価」と「個々の学習者の評価」は、矛盾しています。
つまり、Bは×です。答えは5となります。

語句の組み合わせ問題

語句の組み合わせを答える問題です。

2018年(平成30年)後期【社会的養護】

次の文は、「児童憲章」の一部である。
( A )~( C )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
・ 児童は、( A )として尊ばれる。
・ 児童は、( B )として重んぜられる。
・ 児童は、( C )のなかで育てられる。

(組み合わせ)
  A    B     C
1  個人  社会の一員  よい環境
2  人   権利の主体  地域社会
3  個人  権利の主体  地域社会
4  人   社会の一員  よい環境
5  個人  権利の主体  よい環境

正解:4

正誤組み合わせ問題と同じように、語句が分からない場合は、消去法で考えます。このような「児童憲章」についての問題は頻出分野です。

断定された選択肢は、ほとんどが誤り

選択肢の文章に、断定された表現が入っていると、ほとんどが×です。
例えば、「絶対に」「すべて」「のみ」「しなければならない」という記述です。
例外もありますが、「言い切れること」は誤りであることが多いです。

2018年(平成30年)前期【社会福祉】

A 「日本国憲法」第25条第2項では、社会福祉、社会保障、公衆衛生の向上及び増進に関する国の責務が記されている。
B 「身体障害者福祉法」では、「障害者週間」が定められており、国及び地方公共団体は、「障害者週間」の趣旨にふさわしい事業を実施するよう努めなければならないとされている。
C 「社会福祉法」では、社会福祉を目的とする事業を経営する者に対して、「福祉サービ スの提供の原則」について定めている。
D 「生活保護法」では、国民の責務として、国または地方自治体が実施する子どもの貧困対策に協力するよう努めなければならないと、定められている。

  A B C D
1 ○ ○ × ×
2 ○ × ○ ○
3 ○ × ○ ×
4 × ○ ○ ○
5 × ○ × ○

正解:3

この問題の場合は、BとDに「努めなければならない」という記述があります。
BとDが×なのは、3だけです。
必ず正解できる方法ではありませんが、どうしても分からないときは試してみてください。

スポンサーリンク

保育士試験の出題はマークシート式の選択問題

保育士試験

保育士試験の解答方法はマークシート式で、出題は選択問題です。
筆記試験の出題科目は、8教科9科目です。

9科目すべてで6割以上正解すると、合格となります。
1教科20問なので、12問正解で60点です。

 

いかがでしたか。保育士試験は科目数の多い試験ですが、過去問と同様の出題が多い傾向があります。
過去問で出題傾向を分析して対策すれば合格できます。

テキスト過去問はまだという方はこちらをどうぞ。

通信教育か独学で迷っている方はこちらをどうぞ。
>>保育士試験に独学で合格するのは無理じゃない【まずは3カ月】

★ 通信教育という近道
通信教育は独学に比べサポート体制が充実しています。そして大学や専門学校に比べ費用が圧倒的に安いです。
>>ユーキャンの保育士講座

保育士試験受験の参考になれば幸いです。

HOIKUSHISTUDY
スポンサーリンク
idea-noto
タイトルとURLをコピーしました