保育士試験に独学で合格するための勉強法【簡単3ステップ】

保育士試験HOIKUSHI

こんにちはTOMOです。
私は2019年、保育士試験に独学でなんとか合格しました。
保育士試験の勉強方法に迷っている方は多いと思います。
そこで、独学で勉強を進めていく方法を3ステップにまとめました。

保育士証

スポンサーリンク

保育士試験に独学で合格するための勉強法【簡単 3ステップ】

勉強方法は簡単 3ステップです。

  1. テキストを読む
  2. 問題を解く
  3. 間違えた問題を復習する

①~③をくり返すことで知識が定着します。

では、どれだけくり返せばいいのでしょうか?
記憶する能力は、個人差があるのでくり返す頻度は人それぞれです。

参考までに私[四大・文系卒]の場合。

  • 勉強期間:1年間
  • テキスト上下巻を40回読む
  • 過去問80回(苦手科目は100回)解く

過去問は100点がとれるまでくり返し解き、100点が取れるようになっても試験まで1冊の問題集をくり返し解き続けました。

スポンサーリンク

毎日勉強する

ドイツの心理学者の研究「エビングハウス忘却曲線」によると、人間は勉強してから1日後には74%の内容を忘れると立証されています。
くり返し勉強しないと人は忘れてしまう生き物なのです。
忘れないためには、勉強習慣を身につけます。

身につけるために、毎日勉強します。

はじめは辛いですが、毎日くり返すごとに理解が進み、3カ月後には勉強がスムーズに進むようになります。

参考までに私の場合、毎日1時間はすると決めて勉強しました。
まとめてできる日は、5~7時間勉強する日もありました。

自力で調べる

テキストを読み、過去問の解説を読んでも理解できないことがあります。
そういうときはインターネットやYouTubeで調べると答えが出ますよ。
調べるときは、時間がかなりかかるときもあります…。

通信教育では、質問や添削指導が受けられます。
効率的に勉強が進むので独学に比べ、近道かなと思います。
費用も大学や専門学校に比べ、圧倒的に安いです。
>>ユーキャンの保育士講座

通信教育か独学で迷っている方はこちらをどうぞ。
>>保育士試験に独学で合格するのは無理じゃない【まずは3カ月】

まとめ

保育士試験

保育士試験の勉強方法を簡単 3ステップでまとめました。

  1. テキストを読む
  2. 問題を解く
  3. 間違えた問題を復習する

勉強方法はシンプルです。
3ステップをくり返し、知識を定着させます。

参考にしていただければ幸いです。

テキストや過去問をこれから選ぶという方はこちらをどうぞ。

>>あなたも保育士試験に独学で合格しよう!おすすめのテキスト3選

>>保育士試験に独学で合格しよう!おすすめの過去問題集3選

HOIKUSHISTUDY
スポンサーリンク
idea-noto
タイトルとURLをコピーしました