K-POPのカムバックとは?韓国の音楽用語を解説【意味:新曲のお披露目】

BTS

K-POP「カムバック」について知りたいあなたへ。

K-POPには日本とは違う音楽用語がたくさんあります。「カムバ」とは何のことなのか気になりますよね。

そこで、K-POPの音楽用語「カムバック」や「ティザー」についてまとめました。

目次

K-POPのカムバックとは?【意味:新曲のお披露目】

K-POPの「カムバック」とは「新曲を発売し、お披露目する」という意味です。

韓国では新曲を発表して音楽番組などでパフォーマンスを披露することを「カムバック」と言います。略して「カムバ」です。

韓国語では「컴백(コンペッ)」です。

▼K-POPの「カムバック」とは

  • 新曲を発売すること
  • 略称:「カムバ」
  • 韓国語:컴백(コンペッ)

英語の「come back」には「戻ってくる」や「復帰・再起・回復」という意味があります。

韓国の「カムバック」は、新曲を発表してファンの前に「戻ってくる」という意味です。

ショーケースとは

「ショーケース」は新曲を発表するために開催されるコンサートのことです。

カムバックすると、完成お披露目会として「ショーケース」が開催されることがあります。

アルバム発売当日にネット配信されることが多いです。

カムバックショーとは

「カムバックショー」はカムバックを記念して行われるスペシャルステージです。

トークコーナーでは新曲の制作秘話なども明かされます。

なぜカムバック期間は盛り上がるの?

「カムバック」期間になると新曲のプロモーションのために、アイドルはさまざまな音楽番組やショーケース、ラジオなどに出演します。

なぜ韓国で「カムバック」が盛り上がるのかというと、韓国ではアルバムの「準備期間」と「活動期間」がはっきりと分かれているからです。

準備期間中、ほとんど姿を見る機会がなかったアイドルとやっと再開できる瞬間が、活動期間である「カムバック」なのです。

K-POPカムバック前の「ティザー」とは

「ティザー(teaser)」は英語で「焦らし広告」という意味で、「断片的な情報」のことです。

新曲の発売を公表したK-POPアーティストは「ティザー(teaser)」を発表し、発売日に向けて新曲に関する情報を少しずつ公開します。

「ティザー」の媒体はさまざまで、動画の場合は1フレーズ数秒、数カットの写真ということもあります。

▼K-POPのディザーとは

焦らし広告、断片的な情報

K-POP カムバックの流れ

K-POPでは、新曲発売前にティザーが公開され、発売とともにMV公開、新曲とともにカムバックします。

カムバック期間は発売から1カ月ほど。

K-POPアーティストは休むことなく音楽番組やラジオなどに出演します。

STEP
新曲のティザー公開

予告の公開

STEP
新曲の発売日

MVも同時公開

STEP
カムバック期間

発売から1カ月ほど

STEP
グッバイステージ

最後のステージで終了

カムバック期間のはじまりと終わりは「カムバックステージ」と「グッバイステージ」と呼ばれる特別なステージです。

カムバックステージとは

カムバックステージとは、カムバック期間の始まりである「最初のステージ」のことです。

グッバイステージとは

グッバイステージとは、カムバック期間の終わりを告げる「最後のステージ」のことです。

グッバイステージでは普段とは違った特別な演出が加えられることがあります。

例えば、BTSは2019年のグッバイステージで「ハートイベント」を行いました。ステージの最中に次々とハートが登場するイベントです。

「グッバイステージ」で「カムバック」期間は終わりです。

以上、K-POPの音楽用語「カムバック」や「ティザー」についてまとめました。

参考になれば幸いです。あんにょん!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次