K-POPのカムバックとは?韓国の音楽用語まとめ【新曲のお披露目】

KPOPENTERTAINMENT

K-POPでよく使われる「カムバック」という言葉、どういう意味なのか気になりますよね。そこで、K-POPの「カムバック」の意味についてまとめました。

PR: BTSのライブを見るならスカパー【TBSチャンネル】

スポンサーリンク

K-POPの「カムバック」とは【意味:新曲を発売すること】

K-POPで「カムバック」とは、新曲を発売することです。
韓国では新曲を発表し、音楽番組などでパフォーマンスを披露することを「カムバック」といいます。

英語の「come back」には「戻ってくる」や「復帰・再起・回復」という意味があります。韓国で使われる「カムバック」は、新曲を発表してアーティストがファンの前に「戻ってくる」という意味です。
カムバックは省略して「カムバ」とも呼ばれます。
カムバックは韓国語で[컴백](コンペッ)です。

▼K-POPの「カムバック」とは

  • 韓国で新曲を発売すること
  • 新曲発売にともなうプロモーション活動のこと
  • 略称:「カムバ」
  • 韓国語:[컴백](コンペッ)

ファン待望の「カムバック」期間

「カムバック」期間になると新曲のプロモーションのため、K-POPアーティストはさまざまな音楽番組やショーケース、ラジオなどに出演します。
なぜ韓国で「カムバック」が盛り上がるのかというと、日本と韓国では、アーティストのCDリリースの方法が違うからです。

日本と韓国の音楽リリースとは

日本のアイドルは一般的にシングルで新曲を何度か発売し、楽曲の数が増えたところで、新曲を追加したアルバムを発売します。そのため、音楽番組やバラエティ番組に定期的に出演しています。
一方、韓国のアイドルは一般的にアルバム単位で新曲を出します。デジタルシングルは発売しますが、シングルの音楽CDはほとんど発売されません。

特別なイベント「カムバック」

韓国のアイドルは日本のようにバラエティ番組へ出演することがほとんどないため、テレビで見る機会は音楽番組となります。
K-POPアーティストのアルバム発売は年に1~3回ほどです。そのあいだは音楽番組への出演がないため、年に数回しかない音楽番組への出演は特別なのです。

K-POP「カムバック」の流れ

新曲の発売を公表したK-POPアーティストは、「ティザー(teaser)」と呼ばれる方法で、発売日に向けて少しずつ新曲に関する情報を発信していきます。

新曲のティザー(teaser)公開

例えばBTSの「Butter(バター)」の公式ミュージックビデオティザーは、発売日の2日前に公開されました。約20秒のティザー動画では、新曲の歌詞を少しだけ公開しています。
»BTS公式YouTube【BTS「Butter」ミュージックビデオティザー

新曲のミュージックビデオ(MV)公開

ティザー広告によって、ファンの期待感が高まるなか、新曲の公式ミュージックビデオ(MV)が公開されます。
»BTS公式YouTube【BTS ‘Butter’ Official MV

新曲とともにカムバック

アルバムが発売されると1カ月間ほどのあいだ、K-POPアイドルは音楽番組やラジオなどに出演し、休むことなく活動し続けます。

韓国の音楽番組「M COUNTDOWN」(2019.04.18)に出演した、BTSのカムバックステージ「Boy With Luv」の様子がこちらです。

▼[BTS – Boy With Luv] Comeback Special Stage

BTSのカムバックステージで披露された「Boy With Luv」は2019年4月12日発売のアルバム『MAP OF THE SOUL : PERSONA』のタイトル曲です。
「カムバックスペシャルステージ」では3曲のパフォーマンスを披露しました。

グッバイステージにてカムバック終了

BTS『MAP OF THE SOUL : PERSONA』によるカムバックの最後、グッバイステージは韓国の音楽番組「人気歌謡」(2019.04.28)でした。

▼BTSカムバック終了「グッバイステージ」後のツイッター

<ツイッターの翻訳>
防弾少年団が送ったハートを受けとりましたか?人気歌謡1位。一緒に最後まで応援してくれたARMY(ファン)の愛、愛、愛。# ハート少年団

BTSはグッバイステージで「ハートイベント」を行いました。
このように、ファンにとってだけでなく、K-POPアイドルにとっても「カムバック期間」は特別なものです。

スポンサーリンク

韓国の音楽用語まとめ

K-POPには日本では耳にしない用語がたくさんあります。
カムバックに関わる韓国の音楽用語をまとめました。

  • ショーケース
    新曲を発表するために開催されるコンサートです。
  • カムバックショー
    カムバックを記念して音楽とトークが盛り込まれたスペシャルステージです。
  • カムバックステージ
    新曲の発売からはじめてファンの前に立つ音楽番組のステージのことです。
  • グッバイステージ
    カムバック期間の最後となるステージのことです。

韓国のアルバム用語まとめ

新曲のリリースとともにはじまるカムバック。
K-POPのアルバムを買おうとすると同じようなタイトルが並んでいますよね。なにが違うのか迷ってしまうこともよくあります。これは日本と韓国ではアルバムの形態が違うからです。

カムバックに欠かせない韓国のアルバムに関する音楽用語をまとめました。

  • デジタルシングル
    デジタル配信のみで発売されるシングル
  • EP(Extended Play)
    シングルより長いミニアルバム。5~6曲収録。
  • リパッケージアルバム(Repackage Album)
    過去に発表されたアルバムに新曲を追加してリパッケージ(再包装)したアルバム
  • 正規アルバム(Full Album)
    フルアルバム。韓国では1集、2集などの番号が付きます。
  • タイトル曲
    アルバムのプロモーション活動に使われる楽曲。
    タイトル曲はミュージックビデオ(MV)にもなります。
  • 後続曲
    アルバムのプロモーション活動で2番目に使われる楽曲。
  • ミックステープ(Mixtape)
    主にヒップホップアーティストが発表する非正規の音源。

K-POPではアルバムが出たあと、リパッケージアルバムが発売されることが多いです。リパッケージアルバムはそれまでのアルバムをまとめた内容ですが、追加で新曲が収録されています。

以上、韓国のカムバックと、音楽に関する用語についてまとめました。
参考になれば幸いです。あんにょん!

▼ K-POP関連記事 ▼

ENTERTAINMENTLIFE
スポンサーリンク
idea-noto
タイトルとURLをコピーしました