K-POPのカムバックとは?韓国の音楽用語を解説【意味:新曲のお披露目】

BTS

K-POP「カムバック」について知りたいあなたへ。

K-POPでよく使われる「カムバック」とはどんな意味なのか気になりますよね。
そこで、韓国で使われる「カムバック」の意味についてまとめました。

目次

K-POPのカムバックとは?【意味:新曲のお披露目】

K-POPの「カムバック」とは「新曲を発売し、お披露目する」という意味です。

韓国では新曲を発表して音楽番組などでパフォーマンスを披露することを「カムバック」といいます。

▼K-POPの「カムバック」とは

  • 新曲を発売すること
    新曲発売にともなうプロモーション活動のこと
  • 略称:「カムバ」
  • 韓国語:컴백(コンペッ)

英語の「come back」には「戻ってくる」や「復帰・再起・回復」という意味があります。

韓国で「カムバック」は、新曲を発表してアーティストがファンの前に「戻ってくる」という意味で使われます。

カムバックは省略して「カムバ」とも呼ばれます。
韓国語でカムバックは「컴백(コンペッ)」です。

なぜカムバック期間は盛り上がるの?【CDリリース方法の違い】

「カムバック」期間になると新曲のプロモーションのために、アーティストはさまざまな音楽番組やショーケース、ラジオなどに出演します。

なぜ韓国で「カムバック」が盛り上がるのかというと、日本と韓国ではCDリリースの方法が違うからです。

日本と韓国の音楽リリースの違い

日本では一般的にシングルで新曲を何度か発売し、楽曲の数が増えたところで新曲を追加したアルバムを発売します。

そのため、日本のアイドルは音楽番組やバラエティ番組に定期的に出演します。

一方、韓国では一般的にアルバム単位で新曲を出します。
デジタルシングルは発売しますが、シングルの音楽CDはほとんど発売されません。

特別なイベント「カムバック」

韓国のアイドルは日本のようにバラエティ番組へ出演することがほとんどありません。
出演番組は年に数回の音楽番組だけです。

K-POPアーティストのアルバム発売は一般的に年に1~3回ほどです。

アルバム発売時期以外はテレビ出演がほとんどないので、年に数回の「カムバック時期」はアーティストにとっても、ファンにとっても特別なイベントです。

K-POP「カムバック」の流れ

新曲の発売を公表したK-POPアーティストは「ティザー(teaser)」を発表し、発売日に向けて新曲に関する情報を少しずつ公開します。

K-POP「カムバック」の流れをまとめました。

【K-POPカムバックの流れ】

新曲のティザー(teaser)公開

新曲の発売を前に「ティザー(teaser)」を公開します。ティザーとは断片的な情報のことです。
K-POPでは数秒間の動画などがティザーとして公開されます。

例えばBTS「Butter(バター)」のティザーは約20秒の動画で、発売の2日前に公開されました。
»BTS「Butter」teaser

新曲のミュージックビデオ(MV)公開

発売日には新曲のミュージックビデオ(MV)が公開されます。
»BTS ‘Butter’ Official MV

新曲とともにカムバック

アルバムが発売されると1カ月ほどは「カムバック期間」です。
K-POPアーティストは休むことなく音楽番組やラジオなどに出演します。

カムバックステージとグッバイステージ

カムバック期間のはじまりと終わりは「カムバックステージ」と「グッバイステージ」と呼ばれる特別なステージです。

カムバックステージとは

カムバックステージとは、カムバック最初のステージのことです。

BTS「Boy With Luv」カムバックステージはこちらです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次