【保育士試験】社会福祉の出題傾向と合格のポイント【要点:生活を支援】

保育士試験対策HOIKUSHI

こんにちはTOMOです。
私は2019年、保育士試験に独学でなんとか合格しました。
「社会福祉はどう勉強したらいいのかな」と悩んでいませんか?保育士試験の「社会福祉」は、出題範囲が広いので、基本的な理念や考え方を押さえることがポイントです。
今回は「社会福祉」の出題傾向と合格のポイントをご紹介します。

保育士証

スポンサーリンク

【保育士試験】過去問から分析する「社会福祉」の出題傾向

保育士試験

社会福祉は出題範囲が広く、幅広い知識と問題への応用力が問われます。
過去問から出題傾向を分析しました。

2020年(令和2年)後期「社会福祉」

  • 法律問題: 6問
  • 相談援助: 3問
  • 基本理念: 1問
  • 社会福祉の動向: 1問
  • 用語(ICF): 1問
  • 事業主体: 1問
  • 行政計画: 1問
  • 相談機関: 1問
  • 事例問題: 1問
  • 社会保険: 1問
  • 児童の権利: 1問
  • 利用者の保護: 1問
  • 地域福祉: 1問
    <全20問>

社会福祉に関わる「法律」と「相談援助」の問題が、20問中9問出題されています。そのほかは、幅広い分野から1問ずつ出題されています。
「社会福祉」は、さまざまな知識を応用して解答できると合格できます。

社会福祉は、「社会的養護」と「子ども家庭福祉」と出題範囲が重なっている科目です。福祉系科目の法律の出題範囲をまとめました。

福祉系3科目の【法律】

  • 社会的養護:児童福祉法
  • 子ども家庭福祉:児童福祉法+児童福祉6法
  • 社会福祉:児童福祉法+児童福祉6法+福祉6法+社会福祉法

“児童家庭福祉”との関わりが問われる3科目のなかで、「社会福祉」は最も出題範囲が広い科目です。そのため、「社会福祉」は難しいと言われています。詳しくはこちらの記事にまとめています。
保育士試験に難易度No.1科目「社会福祉」がある理由

「社会福祉」とは

「社会福祉」とは、社会生活を送るうえで困っている人を助ける制度のことです。困ったときに、社会が人々の生活をどう支援していくのか、どのような制度があるのかが出題されます。
生活を守るための社会保障制度についても「社会福祉」の出題範囲です。

  • 社会保障制度:年金、医療保険、介護保険、雇用保険、生活保護など

続いて、解答方法を分析します。

社会福祉の解答方法

2020年(令和2年)後期「社会福祉」

  • 〇×問題: 15問
  • 組み合わせ問題: 3問
  • 正誤問題: 2問

「社会福祉」の解答方法は〇×問題がほとんどです。
〇×問題は、わかる問題に答えを書いておくと答えを選択しやすくなりますよ。

ここからは、社会福祉に関わる「法律」と「相談援助」の具体的な問題をみていきます。

社会福祉に関わる「法律」

【2020年(令和2年)後期・問6】
次の文のうち、社会福祉の各法の年齢の定義に関する記述として、
適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
A 「児童福祉法」における「少年」とは、12 歳以上 18 歳未満の者である。
B 「児童福祉法」における「障害児」とは、20 歳未満の者である。
C 「母子及び父子並びに寡婦福祉法」における「寡婦」とは、65 歳未満の者である。
D 「介護保険法」における「第一号被保険者」とは、65 歳以上の者である。
(組み合わせ)
  A B C D
1   〇 〇 ×  ×
2   〇    ×    〇 ×
3   ×  〇  × 〇
4   ×     ×  〇 ×
5   ×     ×     × 〇

正解: 5

年齢の定義は法律によって異なります。
「児童福祉法」における「少年」は、小学校就学の始期から満18歳に達するまで。同じく「障害児」も18歳未満の者です。
「寡婦」とは配偶者と離婚・死別した人のことで、年齢の規定はありません。

社会福祉に関わる「相談援助」

【2020年(令和2年)後期・問12】
次のA~Dを、ソーシャルワークの過程順として並べた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
A プランニング
B インテーク
C モニタリング
D アセスメント
(組み合わせ)
1 A→B→D→C
2 A→C→D→B
3 B→A→D→C
4 B→D→A→C
5 D→A→B→C

正解: 4

ソーシャルワークとは、社会福祉の相談援助のことです。相談援助には過程の順番があります。

▼ソーシャルワークの過程

  • インテーク(受理面接)
  • アセスメント(事前評価)
  • プランニング(計画)
  • インターベンション(介入)
  • モニタリング(経過観察)
  • エバリュエーション(事後評価) 
  • ターミネーション(終結)

▼保育士試験対策におすすめの本


試験へ向けてひとつひとつ勉強するには一問一答が便利です。

スポンサーリンク

【社会福祉】合格のポイントまとめ

保育士試験

社会福祉には、これは絶対に出るという出題分野はありません。
全体の流れや考え方をつかむことが合格のポイントです。
そこで、出題範囲が広い「社会福祉」の基本となるポイントをまとめました。

  • 社会福祉の用語 → ノーマライゼーション、ウェルビーイング
  • 社会福祉に関する法律 → 「社会福祉法」
  • 社会福祉の相談援助 → バイステックの7原則

社会福祉の用語

ノーマライゼーション

障害のある人もない人も、互いに支え合い、地域で生き生きと明るく豊かに暮らしていける社会を目指すという理念です。
参考:厚生労働省

ウェルビーイング(well-being)

健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、
肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態だという理念です。
参考:世界保健機関憲章前文

どちらも社会福祉の考え方の基本となる用語です。

社会福祉に関する法律

「社会福祉法」による社会福祉事業の違い

  • 第一種社会福祉事業 → 利用者を保護する目的から、経営は国・地方自治体・社会福祉法人
  • 共同募金 → 各都道府県に設置された社会福祉法人である共同募金会。第一種
  • 第二種社会福祉事業 → 経営主体の制限なし

具体的な社会福祉事業

  • 第一種社会福祉事業:乳児院、母子生活支援施設、児童養護施設、障害児入所施設、共同募金など
  • 第二種社会福祉事業:保育所、小規模住居型児童養育事業、障害児通所支援事業、児童家庭支援センターなど

第一種は生活の場である入所施設、第二種は通所する場所というイメージで覚えると覚えやすいですよ。社会福祉法人は、収益事業をしてもOKです。

社会福祉の相談援助

ケースワークの基本「バイステックの7原則」は、相談援助の行動規範です。

▼バイステックの7原則

  1. 個別化:同じ問題は一つもない
  2. 意図的な感情の表出:相談者が感情を出しやすいようにする
  3. 統制された情緒関与:相談者に共感する
  4. 受容:相談者を否定しない
  5. 非審判的態度:援助者は善悪を判定しない
  6. 自己決定:行動を決めるのは相談者本人
  7. 秘密保持:プライバシーを保護する

【社会福祉】〇×問題の攻略方法

保育士試験の社会福祉は、〇×問題が7~8割ほど出題されます。
社会福祉は出題範囲が広いので、どうしても答えがわからないときは、消去法を使うことができます。

そのほかの〇×問題の攻略方法は2つです。

    • 断定は×:「すべて」「しなければならない」「存在しない」
    • 限定は×:「のみ」「必ず」

すべてそうであること、しなければならないこと、存在しないことなど
表現が極端で断定的なときは×であることが多いです。
なぜなら、どんなことにも例外はつきものだから。
同様の理由で「~のみ」という限定的な表現も×であることが多いです。
絶対に正解できる方法ではありませんが、この法則が当てはまる問題もありますよ。

「社会福祉」について詳しくはテキストをどうぞ。テキストは上下巻です。

テキストの選び方について詳しくはこちらにまとめています。
≫保育士試験に独学で合格しよう!おすすめのテキスト3選

テキストを何度もくり返し読むことで知識が定着します。インプットが終わったら、次はアウトプットが効果的です。過去問をくり返し解きましょう。過去問の選び方はこちらにまとめています。
≫おすすめの過去問題集3選+一問一答

社会福祉は、難しいと感じる方が多い科目です。通信教育では「社会福祉」のわからないところを質問したり、添削指導も受けられます。効率的に勉強が進むので、独学に比べ近道かなと思います。
費用も大学や専門学校に比べ、圧倒的に安いですよ。
≫ユーキャンの保育士講座

保育士試験合格のお役に立てれば幸いです。

 

HOIKUSHISTUDY
スポンサーリンク
idea-noto
タイトルとURLをコピーしました