保育士試験の受験資格まとめ【大学/短大/高専卒OK】

保育士試験HOIKUSHI

こんにちはTOMOです。
私は2019年に保育士試験に独学でなんとか合格しました。
保育士試験を受けようと決めたら、気になるのは受験資格ですよね。保育士試験は大学・短大・高専を卒業していれば受験できます。高卒で受験する場合は条件付きです。
この記事では、保育士試験の詳しい受験資格をご紹介します。

保育士証

スポンサーリンク

合格者が解説する保育士試験の受験資格

保育士試験の受験資格の有無は、最終学歴や勤務経験によります。
年齢の上限はありません。何歳からでもチャレンジOKです。

最終学歴による受験資格

  • 大学・短大・高等専門学校を卒業している
  • 学校教育法に基づいた専門学校(修業年限2年以上)を卒業している
  • 1991年(平成3年)3月31日までに高校を卒業している

以上の場合、保育とは関係のない学科や学校でも受験資格があります。
大学は単位を取得していれば、卒業していなくても受験できることがあります。

大学在学中&大学を中退した場合
 2年以上在学しており、62単位以上を取得していれば受験資格があります。

勤務経験による受験資格

  • 高校を卒業し、児童福祉施設で2年以上&2,880時間以上勤務している
  • 義務教育を修了し、児童福祉施設で5年以上&7,200時間以上勤務している

以上の場合、受験資格があります。
1991年(平成3年)4月1日以降に高校を卒業している場合は、勤務経験が必要です。

児童福祉施設とは、認定こども園、幼稚園、保育園、児童館、児童養護施設などです。放課後児童クラブや認可外保育園などの場合、条件に該当する施設であれば勤務経験になります。

このような受験資格認定(知事認定)による受験には、「受験認定証」が必要です。受験する都道府県で手続きします。詳しくは全国保育士養成協議会をご覧ください。

スポンサーリンク

受験する前に受験資格を確認しよう

保育士試験

保育士試験を受験する前に、受験資格があるかどうかを必ず確認しましょう。
大学・短大・高等専門学校を卒業している場合は受験資格があります。すぐに勉強をはじめてOKです。テキストはこちらをどうぞ。
≫保育士試験に独学で合格しよう!おすすめのテキスト3選

高卒で受験資格があるかどうかは卒業年度によって異なります。1991年(平成3年)3月31日以降に高校を卒業している場合は、勤務経験などが必要です。

保育士試験の受験資格がない方
 → 大学や専門学校で資格を得ることになります。

保育士試験の受験資格がある方
 → 通信教育や独学で今すぐ勉強をはじめましょう!

通信教育はテキスト付き。添削や質問などバックアップ体制が整っています。独学に比べ、近道かなと思います。そして大学や専門学校に比べ費用が圧倒的に安いです。
>>ユーキャンの保育士講座

通信教育か独学で迷っている方はこちらをどうぞ。
>>保育士試験に独学で合格するのは無理じゃない【まずは3カ月】

独学をしたいという方は、勉強方法の記事をご覧ください。
>>保育士試験に独学で合格するための勉強法【簡単3ステップ】

保育士試験を受験する参考になれば幸いです。

HOIKUSHISTUDY
スポンサーリンク
idea-noto
タイトルとURLをコピーしました