日本の職人技が光るおしゃれなメンズ財布ブランドおすすめ10選

財布LIFE

日本製の財布は、丈夫で高品質ですよね。
日本の職人技が光るおしゃれなメンズ財布ブランドおすすめ10選をまとめました。

スポンサーリンク

PORTER(ポーター)

PORTER(ポーター)は、老舗鞄メーカー「吉田カバン」のオリジナルブランドです。「一針入魂」という職人精神のもと、メイドインジャパンのものづくりにこだわっています。ひとつひとつ、魂を込めて作られたシンプルな財布が人気です。

「SHEEN(シーン)」は、上質で艶のあるレザーが魅力です。出し入れしやすい機能的な構造で、ICカードに便利なクリアフラップ付き。外装には、コンビネーション鞣しの牛ステアを使用。シンプルなデザインは合わせやすいと好評です。

>>ポーター公式サイトはこちら。

スポンサーリンク

Hallelujah(ハレルヤ)

Hallelujah(ハレルヤ)は、デザインから生産までのすべてを自社で手掛けているブランドです。素材を活かしたユニセックスなデザインが人気。長年愛用できる丈夫な素材を使用しており、経年変化を楽しめます。国産の栃木レザーを使った財布が人気の「JAPAN FACTORY(ジャパンファクトリー)」は兄弟ブランドです。

「TIDY(タンディ)」は、クラウドファンディングで多額の寄付が集まった人気の長財布。収納設計にこだわっており、領収書が仕分けられるほか、通帳やパスポートまで入ります。価格設定は1万円ほど。オールレザー素材です。

>>ハレルヤ公式サイトはこちら。

土屋鞄

土屋鞄製造所は、1965年創業の老舗ブランド。ランドセルを製造していることで有名です。熟練した職人が皮革製品をひとつひとつ手作り。上質な財布は長持ちすると評判です。オイルヌメ革やブライドルレザーなど人気の素材が揃っています。

ブライドルレザーは、1番人気のヌメ革を使用した財布です。時間が経つにつれ革の色艶が深まり、経年変化を楽しめる逸品です。

>>土屋鞄製作所公式サイトはこちら。

abrAsus(アブラサス)

abrAsus(アブラサス)は、グッドデザイン賞を受賞した有名なブランドです。コンセプトは「10年後のスタンダードをめざして」。便利で使いやすいデザインで人気を集めています。

「薄い財布」と「小さい財布」は、どちらも紙幣を折らずに収納できます。素材は、国産の天然牛革を使用。本当に必要なものだけを持ち運べると評判です。

>>アブラサス公式サイトはこちら。

aniary(アニアリ)

aniary(アニアリ)は、1997年に創業されたオリジナルブランド。英語で「理想と現実」を意味する「An ideal and reality」が名前の由来です。理想を追求し、金具にいたるまでこだわりを持ったデザイン。そして、現実に裏打ちされた使いやすく機能的な財布が人気です。

「グラインドレザー」の長財布は、ジップ式で収納力抜群。ジップを開くと財布のなかが一望でき、整理しやすく、取り出しやすくて便利です。12枚入るカード入れは、着脱可能なタイプとなっています。

>>アニアリ公式サイトはこちら。

COCOMEISTER(ココマイスター)

COCOMEISTER(ココマイスター)は、ビジネスマン向けの製品を作るオリジナルブランド。イタリアやイギリスの高級素材を使用し、硬派な王道スタイルを追求しています。日本屈指の技術を持つ職人が生み出す、上質で洗練された財布は多くの男性から支持を集めています。

英国伝統馬具革・ブライドルレザーを使用した財布は、人気シリーズです。ブライドルは、英国文化と日本文化の融合が味わえる逸品。裏革にはヌメ革を使用。上質な革は使い込むたびに艶が増していきます。

>>ココマイスター公式サイト はこちら。

yuhaku(ユハク)

yuhaku(ユハク)は、横浜にあるオリジナルブランド。上質なレザーアイテムにほどこされた、職人による手染めのグラデーションが魅力です。大手百貨店にも店舗があります。ひとつひとつ違う色を持つ財布は、オリジナリティーあふれる逸品です。

職人が手作業で染めるユハクの財布。1番人気の色はブルーです。鮮やかなブルーは時が経つにつれてブルーグリーンへと変化していきます。素材はイタリアンレザーを使用。長く愛用できると評判です。

>>ユハク公式サイトはこちら。

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)は、1917年(大正6年)創業の老舗AJIOKAが展開するオリジナルブランドです。職人が本物を追求し、妥協なく生み出したメンズ革製品は、最高の品質を誇ります。コードバンやブライドルレザーなど時代を超えて愛用できる財布ばかりです。

表はイギリス「J&E セジュイック社」のブライドルレザー。内装はイタリア「バダラッシィ・カルロ社」のショルダーヌメ革をあわせた「シンブライドル」は人気シリーズ。スマートでありながら、革本来の味が出る経年変化を楽しめます。タイムレスな魅力にあふれた逸品です。

>>ガンゾ公式サイトはこちら。

SOMES SADDLE(ソメスサドル)

SOMES SADDLE(ソメスサドル)は、北海道砂川市にある日本で唯一の馬具メーカーです。宮内庁の馬車具のほか、財布などの革製品をハンドメイドで生み出しています。メーカーが作る財布は、丈夫で長持ちすると評判です。

人気の高い「ハノーバー」シリーズは、素材に馬の革・コードバンを使用しています。コードバンは、革のダイヤモンドともよばれ、年月が経つにつれて艶が増していく稀少な人気素材です。内装には、バッファローカーフを使用。カーブを描いたカード入れは収納しやすい設計です。

>>ソメスサドル公式サイトはこちら。

JOGGO(ジョッゴ)

JOGGO(ジョッゴ)は、色を組み合わせることで、世界でひとつだけの財布をオーダーメイドでカスタマイズできる財布で人気のブランドです。
カラーはオンライン上で簡単に指定できます。素材は本革を使用した本格派です。

>>ジョッゴ公式サイトはこちら。

いかがでしたか。お気に入りのブランドは見つかりましたか?
続いては「財布を選ぶときのポイント」を紹介します。

財布を選ぶときのポイント3つ

財布を選ぶときには、ポイントが3つあります。

財布選びのポイント

  • 財布のサイズを確かめる
  • リスクをさけるなら正規店(公式サイト)
  • 格安で買うならアウトレット
  1. 財布のサイズを確かめる
    財布を選ぶときは、財布のサイズを確かめます。
    いつも持ち歩くカバンや内ポケットなどに財布が入るか確かめると安心です。

    長財布か二つ折りで迷っているという方は、こちらをどうぞ。
    長財布・二つ折りどっちもいい!【決め手はライフスタイル】
    「長財布と二つ折り、財布を買うならどっちがいいの?」 あなたは財布を選ぶとき、なにを最優先にしますか? 財布の種類は大きく2種類に分けられます。「長財布」と「二つ折り」です。 値段はそれほど変わりません。財布を買うならどちらがいいので...
  2. リスクをさけるなら正規店(公式サイト)
    商品のリスクをさけるなら正規店(公式サイト)で購入すると安心です。
    購入時トラブルがあったときに対応してもらえます。
    実際に店舗で手に取ると、使用感をイメージしやすいです。

  3. 格安で買うならアウトレット
    とはいえ「予算が足りない…」という場合は、Amazon・楽天・Yahoo!などにアウトレット品が販売されています。
    多少のキズやシワ、ヘコミがあるリスクはありますが、格安で買えます。
    購入後すぐにクリームでお手入れすると、ほとんどわからなくなります。

    詳しいお手入れ方法やクリームが知りたい方は、こちらをどうぞ。
    【簡単】財布の寿命をのばすお手入れ方法【決め手はクリーム&クリーナー】
    「汚れて艶がなくなった財布をお手入れしたい。クリームはどれを使ったらいいの?」 お手入れといえばクリームを塗るというイメージをお持ちではありませんか? 実は、汚れはクリームだけでは十分に落としきれません。 クリームを塗る前に「クリーナ...

まとめ

日本製のおしゃれなメンズ財布ブランドおすすめ10選をまとめました。

  • PORTER(ポーター)
  • Hallelujah(ハレルヤ)
  • 土屋鞄
  • abrAsus(アブラサス)
  • aniary(アニアリ)
  • COCOMEISTER(ココマイスター)
  • yuhaku(ユハク)
  • GANZO(ガンゾ)
  • SOMES SADDLE(ソメスサドル)
  • JOGGO(ジョッゴ)

日本の職人が手掛けた財布は、手頃な価格帯で高品質なものばかりです。
あなたにぴったりの財布が見つかりますように。

 
LIFEWALLET
スポンサーリンク
idea-noto
タイトルとURLをコピーしました