BTS「Epiphany」読み方と歌詞の意味【ジンのソロ曲/自分を愛そう】

BTS

BTS「Epiphany」について知りたいあなたへ。

BTSジンのソロ曲「Epiphany」の読み方と歌詞の意味、作詞作曲、収録アルバム&ライブDVDについてまとめました。

目次

BTS「Epiphany」読み方と意味

BTS「Epiphany」の読み方は「エピファニー」です。

「Epiphany(エピファニー)」には「突然のひらめき」という意味があります。

語源は古代ギリシャ語の「epipháneia」で、「出現」という意味です。

キリスト教で「Epiphany(エピファニー)」は「公現祭(こうげんさい)」という祭日のことです。
神様がイエス・キリストとして人間の前に現れた日、つまり「神が公に現れた日」という意味です。

キリスト教では、クリスマスに生まれたキリストのもとに東方の博士が来訪し、礼拝が行われたことを記念して、1月6日を「Epiphany」という祭日にしています。(現在は1月2日以降の最初の日曜日に行われることもあります)

キリスト教の国でクリスマスが年明けまで続くのは、クリスマスの期間が「Epiphany」までだからです。

文学における「Epiphany」は、「平凡な出来事の中に、その事柄や人物などの本質が姿を現す瞬間」のことです。

▼BTS「Epiphany」の読み方と意味

読み方

エピファニー

意味

突然のひらめき

平凡な出来事の中に、そのものの本質が姿を現す瞬間

BTS「Epiphany」歌詞の意味

BTSの楽曲「Epiphany」は2018年に発売されたジンのソロ曲です。

「Epiphany」の歌詞は韓国語と英語です。日本語バージョンはありません。

▼BTS「Epiphany」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次