BTSラップが上手い順ランキング【No.1ラッパーは誰?】

BTS

BTSのラップが上手い順番を知りたいあなたへ。

過去のインタビューや役割分担から、BTSメンバー7人のラップが上手い順ランキングをまとめました。

目次

BTSラップが上手い順ランキング【No.1ラッパーは誰?】

BTS(防弾少年団)メンバーのラップが上手い順ランキングをまとめました。

▼BTSメンバーラップが上手い順ランキング

  • 1位:RM
  • 2位:SUGA(シュガ)
  • 3位:J-HOPE
  • 4位:ジョングク
  • 5位:ジン、ジミン、テテ

BTSメンバー7人はそれぞれラップとボーカルを担当しています。
ラップラインはRM、SUGA、J-HOPEの3人。
ボーカルラインはジン、ジミン、テテ、ジョングクの4人です。

2021年6月に開催されたオンラインライブ「 MUSTER SOWOOZOO(ソウジュ)」では全員でラップ曲をパフォーマンスしました。

BTSラップライン曲一覧はこちらにまとめています。

1位:RM(ナムジュン)

BTSメンバーで1番ラップが上手いのはメインラッパーのRM(ナムジュン)です。

RMはデビュー当時「ラップモンスター(Rap Monster)」という名前で活動していました。デビュー前からその高いラップスキルは有名で、アンダーグラウンド(韓国のメジャーではない市場)の経験もあります。

ヒップホップグループとしてデビューしたBTS(防弾少年団)はリーダーRMを中心に構成されたグループです。RMのソロ曲はこちらにまとめています。

2位:SUGA(シュガ/ユンギ)

BTSメンバーでも1、2を争うほどラップが上手いのはリードラッパーのSUGA(シュガ)です。

SUGAはアンダーグラウンド出身の実力派ラッパーです。アンダーグラウンドでは本名ユンギに艶という意味もあることから「Gloss」という名前で活動していました。SUGAのソロ曲はこちらにまとめています。

3位:J-HOPE(ホソク)

BTSメンバーで3番目にラップが上手いのはリードラッパーのJ-HOPE(ホソク)です。

J-HOPEはBTSのラップラインのなかで唯一、事務所に入ってからラップをはじめました。SUGAはJ-HOPEの高いラップスキルは努力の末に身につけたものだと語っています。J-HOPEのソロ曲はこちらにまとめています。

4位:JUNG KOOK(ジョングク)

メインボーカルのジョングクはBTSのサブラッパーです。

ジョングクはデビュー曲の「No More Dream」など、初期の学校シリーズではラップも担当していました。ケガで収録に参加できなかったRMの代理をラップラインと一緒に務めるなど、ボーカルラインのなかで1番高いラップ技術を持っています。

学校シリーズについて詳しくはこちらにまとめています。

5位:ジン、ジミン、V(テテ)

▼ジン&ジミン

▼ジミン&テテ(クオズ)

ボーカルのジン、ジミン、テテはライブなどでラップを披露することがあります。BTSのリアリティ旅行番組には車中でラップを歌っている様子が収録されています。

2016年のFESTAで披露されたV(テテ)のラップ練習風景はこちらです。
»BTS公式YouTube【V’s Dream came true ‘His Cypher pt.3 Solo Stage’

BTSの歌が上手い順ランキングはこちらにまとめています。

以上、BTSメンバーのラップが上手い順ランキングをまとめました。参考になれば幸いです。あんにょん!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次