BTSはなぜ日本語で歌うのか【日本語バージョンとオリジナルの違い】

BTS

BTSの楽曲には日本語バージョンがあります。
なぜ外国語である日本語で歌うのか、日本語バージョンと日本オリジナルの違いについてまとめました。

目次

BTSはなぜ日本語で歌うのか

BTSの楽曲のほとんどは母国語である韓国語ですが、英語、日本語、中国語の歌も発表しています。

外国語のなかでは日本語の曲を最も多くリリースしています。

BTSに限らず、韓国のK-POPアーティストは日本でもデビューすることが多いです。日本は音楽市場が世界2位であり、人口は韓国の2倍、そして韓国から最も近い国です。

▼国別音楽市場ランキング(2020年度)

  • 1位:アメリカ
  • 2位:日本
  • 3位:イギリス
  • 4位:ドイツ
  • 5位:フランス
  • 6位:韓国

日本では日本の芸能事務所やレコード会社と契約して活動します。そして韓国でヒットした曲の日本語バージョンや、日本オリジナル曲をリリースします。

BTSのジミンは日本語バージョンを歌うことについて、「いつも韓国語の歌詞で歌っていて、それに慣れているから日本語の歌詞で歌うことは難しい」と語っています。

日本語と韓国語には、言語の構造や発音に違いがあります。努力家で完璧主義として知られるジミンは、思うように発音できないことをもどかしく感じることがあるようです。

BTS日本語バージョンと日本オリジナル曲の違い

BTSの日本語曲は「日本語バージョン」と「日本オリジナル曲」の2種類です。

日本語バージョン(Japanese ver.)とは

日本語バージョン(Japanese ver.)はもともと韓国語で作られた曲を日本語の歌詞に置き換えた楽曲です。

▼BTS日本語バージョンの楽曲
例)

  • 「Blood Sweat&Tears」
    →「血、汗、涙 -Japanese ver.-」
  • 「DNA」
    →「DNA -Japanese ver.-」
  • 「Boy With Luv」
    →「Boy With Luv -Japanese ver.-」など

▼「Blood Sweat&Tears」の韓国オリジナル版

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次