BTSはなぜ「Anpanman」を歌うのか【歌詞の意味&収録アルバム】

BTS

BTSの人気曲のひとつに「Anpanman」があります。

愛と勇気がともだちの「アンパンマン」を連想するタイトルですよね。

BTSの楽曲にはなぜ「Anpanman」があるのか、歌詞の意味とダンス、収録アルバム&ライブDVDについてまとめました。

目次

BTSはなぜ「Anpanman」を歌うのか

BTS(防弾少年団)のアルバム収録曲「Anpanman」は、「あげられるのはアンパンだけ」という歌詞のとおり、顔にあんこが詰まった「アンパンマン」をモチーフとした楽曲です。

韓国でも大人気の「アンパンマン」

韓国でも「アンパンマン」の人気は高く、アニメが放送されています。

韓国語で「アンパンマン」は「호빵맨(ホッパンメン)」といいます。

「호빵(ホッパン)」とは、肉まんやあんまんのことです。
あんパンのことは、そのまま「あんパン」ともいいます。

BTSはインタビューで「僕たちは日本のアニメや漫画をたくさん見て育ちました」と語っています。日本の「アンパンマン」はBTSメンバーが幼い頃に見たアニメのひとつです。

「アンパンマン」はBTSの人気曲「IDOL」の歌詞にも登場します。

アンパンマンの著作権

「アンパンマン」は絵本作家で詩人の「やなせ たかし」さんの作品です。

BTSの楽曲「Anpanman」のモチーフは「アンパンマン」ですが、著作権の問題は起きていません。

BTS「Anpanman」歌詞の意味とは

BTSの「Anpanman」の歌詞は韓国語と英語です。
日本語バージョンはありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる