BTS『Dynamite』を作詞作曲したのは誰?【人気曲まとめ】

BTS

BTSの人気曲『ダイナマイト』を作詞作曲したのは誰なのか気になりますよね。

そこで、BTS『ダイナマイト』の作詞作曲者と、ビルボードの人気曲をまとめました。

PR: BTSを見るなら【スカパー!】

目次

BTS『Dynamite(ダイナマイト)』を作詞作曲したのは誰?

BTS(防弾少年団)の『Dynamite(ダイナマイト)』は2020年に発売されました。

『Dynamite』はアメリカ・ビルボードHOT100(シングルチャート)でBTS初となる1位を獲得した楽曲です。
グラミー賞にノミネートされ、日本のオリコンでも1位を獲得し、世界中で大ヒットしました。

BTSの『Dynamite』を作詞作曲したのはDavid StewartとJessica Agombarです。

▼BTS『Dynamite』作詞作曲

  • David Stewart(デヴィッド・スチュワート)
  • Jessica Agombar(ジェシカ・アゴンバー)

David Stewart(デヴィッド・スチュワート)はイギリス・ロンドン在住のプロデューサー、作詞作曲家、歌手です。

Jessica Agombar(ジェシカ・アゴンバー)も同じくイギリス・ロンドン在住。
UKグループParade(パレード)の元メンバーで、作詞作曲家です。

David Stewart(デヴィッド・スチュワート)とJessica Agombar(ジェシカ・アゴンバー)は5年間一緒に作曲を行っています。

2人はこれまでにヘイリー・スタインフェルドの「I Love You’s」(2020)や、ジョナス・ブラザーズの「What A Man Gotta Do」(2020)などの楽曲を手がけています。

アメリカの雑誌「ローリングストーン」によると、世界的に大ヒットしたBTS『Dynamite』は大きなスタジオではなく、イギリスにあるDavid Stewartの実家の寝室で誕生しました。『Dynamite(ダイナマイト)』は、作詞作曲を担当したDavid Stewartの12年にわたる下積み生活の末にヒットした楽曲です。

歌詞の意味はこちらにまとめています。

BTSの「Dynamite」はAmazon Music Unlimitedで配信しています。
»Amazon Music Unlimited

BTS『Dynamite』収録アルバム

BTSの『Dynamite』はデジタルシングルとして発売された後、アルバムにも収録されました。

『Dynamite(ダイナマイト)』は、BTSのミニアルバム『BE』と、日本版ベストアルバム『BTS, THE BEST』に収録されています。

▼BTS『Dynamite』収録アルバム

  • 韓国盤ミニアルバム『BE』
  • 日本ベストアルバム『BTS, THE BEST』

▼アルバム『BE』

»BTSアルバム「BE」の違いとは【エッセンシャル&デラックスの2種】

▼ベストアルバム『BTS, THE BEST』

»BTSベストアルバム(2021)特典の違いと予約方法

BTS『Dynamite』ダンスの振り付け

BTS『Dynamite』(ダイナマイト)は明るいディスコポップナンバーです。
ダンスの振り付けは世界中で流行しました。

▼BTS『Dynamite』のダンスパフォーマンス

世界中で大ヒットした『ダイナマイト』はアメリカ・ビルボードHOT100(シングルチャート)で2週連続1位を獲得。K-POPアーティストの楽曲が1位を獲得したのは初めてのことでした。

BTSメンバーによる『Dynamite』のダンス練習動画はこちらです。

▼『Dynamite』のダンス練習【振り付け】

BTS公式YouTubeチャンネルには、練習室で撮影されたBTSメンバーによるダンス練習動画がアップされています。
ダンス全体の振り付けを視聴できる人気の動画です。

BTS(防弾少年団)のビルボード人気曲【TOP10】

BTSは2013年のデビュー以来、多くの楽曲をリリースしています。
そこで、アメリカ・ビルボードHOT100(シングルチャート)のベスト10にランクインしたBTSの人気曲をまとめました。

「ビルボードHOT100」のベスト10にランクインしたBTSの楽曲

  • FAKE LOVE:10位
  • Boy With Luv:8位
  • ON:4位
  • Dynamite:1位
  • Life Goes On:1位
  • Butter:1位
  • Permission to Dance:1位

このほかフューチャリングで参加した『Savage Love』と『My Universe』でも1位を獲得しています。

BTSは英語曲『Dynamite』ではじめてビルボード1位を獲得しました。
BTSの韓国語の楽曲がビルボードで1位となったのは『Life Goes On』がはじめてです。

『FAKE LOVE』『Boy With Luv』『ON』の3曲は、韓国語オリジナルバージョンのほかに日本語バージョンもあります。BTSの日本語曲について詳しくはこちらにまとめています。

PR:Amazon Music

ビルボードシングルチャートのベスト10にランクインしたBTSの人気曲が収録されたアルバムはこちらです。

▼LOVE YOURSELF 結 Answer

»BTS「LOVE YOURSELF 結 Answer」4バージョンの違い

2018年発売の『FAKE LOVE』収録アルバムです。

▼MAP OF THE SOUL: 7

2020年発売の『Boy With Luv』『ON』収録アルバムです。

▼BE


2020年発売の『Dynamite』『Life Goes On』収録アルバムです。

▼Butter

2021年発売の『Butter』『Permission to Dance』収録アルバムです。

以上、BTSの『Dynamite(ダイナマイト)』を作詞作曲した人物と、ダンスの振り付け、BTSの人気曲についてまとめました。参考になれば幸いです。あんにょん!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる