BTS「LOVE YOURSELF」シリーズまとめ【意味:あなた自身を愛して】

BTS

BTS「LOVE YOURSELF」シリーズについて知りたいあなたへ。

BTS「LOVE YOURSELF」シリーズの意味とアルバム、ライブDVDをまとめました。

目次

BTS「LOVE YOURSELF」シリーズの意味

BTSの「LOVE YOURSELF」シリーズの読み方は「ラブ ユアセルフ」、「あなた自身をまず愛して」という意味です。

▼BTS「LOVE YOURSELF」シリーズの意味

あなた自身をまず愛して

BTSの「LOVE YOURSELF」シリーズには「本当の愛は自分自身を愛することから始まる」というメッセージが込められています。

BTS アルバム「LOVE YOURSELF」シリーズまとめ

BTS「LOVE YOURSELF」シリーズのアルバムは3作です。

BTSのアルバム「LOVE YOURSELF」シリーズを発売順にまとめました。
上から発売の古い順です。

▼BTS「LOVE YOURSELF」シリーズのアルバム

  • 2017年:LOVE YOURSELF 承 ‘Her’
  • 2018年:LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’
  • 2018年:LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’

BTS「LOVE YOURSELF」シリーズのアルバムタイトルは「起承転結」で構成されています。
シリーズの始まりである「起」は動画として公開されています。
»BTS LOVE YOURSELF 起 ‘Wonder’

それぞれのアルバムのコンセプトはこちらです。

▼BTSアルバム「LOVE YOURSELF」のコンセプト

承:恋に落ちた初々しい若者たちの姿
轉:嘘でつかんだ愛は別れを迎える
結:出会いと愛から、本当の自分を見つけるまで

BTSのアルバム「LOVE YOURSELF」シリーズには「DNA」「FAKE LOVE」「​IDOL」「MIC Drop」「Magic Shop」「Answer: Love Myself」などの人気曲が収録されています。

▼LOVE YOURSELF 承 ‘Her’

アルバムについては「BTS「LOVE YOURSELF 承 Her」4形態の違い」にまとめています。

▼LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’

アルバムについては「BTS「LOVE YOURSELF 轉 Tear」4形態の違い」にまとめています。

▼LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’

アルバムについては「BTS「LOVE YOURSELF 結 Answer」4形態の違い」にまとめています。

「LOVE YOURSELF」シリーズのアルバムの違いと収録曲はこちらにまとめています。

BTSアルバム日本版「FACE YOURSELF」

BTSの日本版アルバム「FACE YOURSELF」は、「LOVE YOURSELF」シリーズと同じ “ YOURSELF ” がタイトルに付いたアルバムです。

「FACE YOURSELF」は「自分自身に向き合う」という意味があります。

アルバム「FACE YOURSELF」には日本語の楽曲が収録されています。

▼FACE YOURSELF

BTSの日本オリジナルアルバムについてはこちらにまとめています。

BTS ライブDVD「LOVE YOURSELF」シリーズ

アルバムの発売とともに開催されたBTSのライブツアー「LOVE YOURSELF」は2つです。

BTS日本公演のライブDVD「LOVE YOURSELF」シリーズを発売順にまとめました。

▼BTSライブDVD「LOVE YOURSELF」

  • 2019年:LOVE YOURSELF
  • 2020年:LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF

ワールドツアー「LOVE YOURSELF」に続く「SPEAK YOURSELF」は「自分自身のことを話そう」という意味です。

BTSは2018年に行った国連のスピーチで、自分自身を愛することを学んだ後、一歩前に踏み出した先にあるものが「自分自身のことを話す」ことであり、そうすることで自分自身を見つけてほしいと語っています。
»BTS 国連総会のスピーチ(2018)

▼LOVE YOURSELF

▼LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF

BTSのライブDVD「LOVE YOURSELF」シリーズの違いとセトリはこちらにまとめています。

以上、BTS「LOVE YOURSELF」シリーズの意味とアルバム、ライブDVDをまとめました。

参考になれば幸いです。あんにょん!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次