BTS「Pied Piper」読み方と歌詞の意味【君は僕なしでは生きられない】

BTS

BTS「Pied Piper」の歌詞の意味が知りたいあなたへ。

BTS「Pied Piper」の読み方と歌詞の意味、作詞作曲、収録アルバムとライブDVDについてまとめました。

目次

BTS「Pied Piper」読み方と意味

BTSの楽曲「Pied Piper」の読み方は「パイドパイパー」です。

「Pied Piper(パイドパイパー)」は、ドイツの伝承「ハーメルンの笛吹き男(The Pied Piper of Hamelin)」に登場する「笛吹き男」、もしくは伝承そのもののことです。

▼BTS「Pied Piper」読み方と意味

読み方

パイドパイパー

意味

ドイツの伝承
「ハーメルンの笛吹き男」

楽曲のコンセプトとなった「ハーメルンの笛吹き男」は、笛の音でネズミを集めて退治した笛吹き男が、報酬が支払われなかったことに腹を立て、今度は笛の音で子どもを集め、子どもたちは二度と戻ってこなかったというお話です。

「ハーメルンの笛吹き男」は、1284年6月26日に色とりどりの衣装を着た笛吹男に誘い出され、130人の子どもが失踪したというドイツ・ハーメルンの伝承で、グリム童話にもなっています。

BTS「Pied Piper」歌詞の意味

BTS(防弾少年団)の「Pied Piper」は2017年に発売された楽曲です。

「Pied Piper」の歌詞は韓国語と英語です。日本語バージョンはありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次