【韓国語】ハングル文字の覚え方 | 子音・母音・パッチムの構成

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
seventeen

ハングル文字を覚えたいあなたへ。

韓国語とハングルの違い、ハングル文字とは何か、ハングル文字の覚え方、子音・母音・パッチムの構成、ハングルを覚えるおすすめテキストをまとめました。

目次

韓国語とハングルの違い

韓国の言葉は「韓国語」、韓国の文字を「ハングル」と言います。

日本だと「日本語」と、「漢字、ひらがな、カタカナ」のことです。

韓国語の語順

韓国語の語順は日本と同じです。

ハングル文字とは【全部で24文字】

ハングル文字は、2〜4つの文字がセットになって1つの文字を形成しています。

例えば、ハングル文字「아 (ア)」は「ㅇ +ㅏ=아」です。

「ㅇ」や「ㅏ」は全部で24文字です。

24文字から2〜4つの文字を組み合わせたものがハングル文字です。

ハングルは表音文字

ハングルは表音文字(素性文字)です。

「表音文字」とは、文字そのものが発音を表している文字のことです。

日本語だと平仮名とカタカナは表音文字です。

「あ」「ア」など、一文字に対して読み方が決まっています。

漢字は表語文字です。

「表語文字」とは、1つの文字が、1つの語(単語)を表す文字のことです。

ハングル文字の構成

ハングル文字は「子音と母音」もしくは「子音と母音とパッチム(子音)」の組み合わせです。

▼ハングルの構造

  • 子音+母音
  • 子音+母音+パッチム

組み合わせのパターンは4つです。

  1. 子音が左、母音が右
  2. 子音が上、母音が下
  3. 子音が左、母音が右、パッチム
  4. 子音が上、母音が下、パッチム

パターン① : 子音が左、母音が右

子音母音

子音「ㅅ (s)」と母音「ㅏ (a)」を左右に組み合わせると「사 (sa)」になります。

例 )
子音「ㅅ (s)」+母音「ㅏ (a)」
→「사 (sa)」

パターン② : 子音が上、母音が下

子音
母音

「s」の音の子音である「ㅅ」に「o」の音の母音である「ㅗ」を上下に組み合わせます。

「소」という文字になり、発音は「so」となります。

例 )
子音「ㅅ (s)」+母音「ㅗ (o)」
→「소 (so)」

パターン③ : 子音が左、母音が右、パッチム

子音母音
パッチム

パターン1の例、「사」という文字の下に「n」の音の子音である「ㄴ」をつけます。

「산」という文字になり、「san」と発音します。

終声音をパッチムと呼びます。

パッチムは、「子音+母音」の後に来る「子音 (終声)」のことです。

例 )
「사 (sa)」+パッチム「ㄴ (n)」
→「산 (san)」

パターン④ : 子音が上、母音が下、パッチム

子音
母音
パッチム

パターン2の例、「소」という文字の下に「n」の音の子音である「ㄴ」組み合わせます。

「손」という文字になり、発音は「son」となります。

例 )
「소 (so)」+パッチム「ㄴ (n)」
→「손 (son)」

初心者におすすめ! ハングル文字を覚えるテキスト

初心者におすすめの「ハングル文字」を解説したテキストをまとめました。

▼ハングル文字を覚える
 おすすめテキスト

  • はじめてのハングル練習帳
  • 3日でマスター!ハングルドリル
  • ひらがなで覚えるハングルノート
  • 1時間でハングルが読めるようになる本
  • 「あいうえお」から覚える
    いちばんやさしいハングル練習ノート

はじめてのハングル練習帳

3日でマスター!ハングルドリル

いちばんカンタン!ひらがなで覚えるハングルノート

1時間でハングルが読めるようになる本

「あいうえお」から覚える いちばんやさしいハングル練習ノート

以上、韓国語とハングルの違い、ハングル文字とは何か、ハングル文字の覚え方、子音・母音・パッチムの構成、ハングルを覚えるおすすめテキストをまとめました。

韓国語のおすすめテキストはこちらにまとめています。

韓国の名前の呼び方についてはこちらにまとめています。

参考にしていただければ幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次