BTSのアルバム「BE」曲名と読み方まとめ【メンバーの役割分担&MV】

BTS

BTSアルバム「BE」曲名と読み方が知りたいあなたへ。

「BE」の曲名は英語と韓国語です。読み方が気になりますよね。
そこで、BTSのアルバム「BE」の収録曲と読み方をまとめました。

PR: BTSのライブを見るならスカパー【TBSチャンネル】

目次

BTSのアルバム「BE」曲名と読み方まとめ

BTS(防弾少年団)アルバム「BE」の収録曲は全8曲です。
曲名と読み方をまとめました。

▼BTS「BE」曲名の読み方

  1. Life Goes On:ライフゴーズオン
  2. Fly To My Room
    フライトゥマイルーム
  3. Blue & Grey
    ブルーアンドグレー
  4. Skit:スキット
  5. Telepathy:テレパシー
  6. Dis-ease:ディジーズ
  7. Stay:ステイ
  8. Dynamite:ダイナマイト

韓国語の読み方と意味

「BE」に収録された韓国語の曲名は3曲です。
「BE」収録曲の韓国語の曲名と読み方、意味をまとめました。

▼BTS「BE」韓国語の曲名と読み方

  • Fly To My Room
     내 방을 여행하는 법
    (ネ バンウル ヨヘンハヌン ボプ)
     意味/僕の部屋を旅する方法
  • Telepathy
     잠시(チャムシ)
     意味/しばらく
  • Dis-ease
     병(ピョン)
     意味/病気

BTSメンバー「BE」制作の役割分担

アルバム「BE」は楽曲制作、構成、デザインまでBTSメンバーが直接参加して制作されました。
BTSメンバーが自らの手で作りあげた特別なアルバムです。

▼アルバム「BE」制作の役割分担

  • 『Life Goes On』MV監督
     ジョングク
  • 音楽PM(プロジェクトマネージャー)
     ジミン
  • ビジュアルディレクター
     V(テテ)
  • ジャケット担当
     ジン・シュガ
  • 作詞作曲
     RM・SUGA・J-HOPE・ジン・ジミン・テテ・ジョングク

BTSメンバーが製作に参加した収録曲をまとめました。
楽曲にはほかにもたくさんの人が関わっていますが、BTSメンバーだけ抜粋しています。

▼BTSが作詞作曲に参加した「BE」収録曲

  1. Life Goes On
    →RM, SUGA, j-hope
  2. Fly To My Room
    →j-hope, RM, SUGA
  3. Blue & Grey
    →V, j-hope, RM, SUGA
  4. Skit
    →RM, Jin, SUGA, j-hope, Jimin, V, Jung Kook
  5. Telepathy
    →SUGA, RM, Jung Kook
  6. Dis-ease
    →j-hope, RM, SUGA, Jimin
  7. Stay
    →Jung Kook, RM, Jin

「BE」に収録された楽曲の作詞作曲にはBTSメンバー全員が参加しています。
RMは7曲中4曲はメンバーが制作したと語りました。

BTSのアルバム「BE」には「遠く離れていても、今いるところにいてほしい」という メッセージが込められています。

▼BTSアルバム「BE」

アルバム「BE」エディションの違いについて詳しくはこちらにまとめています。

あわせて読みたい
BTSアルバム「BE」の違いとは【エッセンシャル&デラックスの2種】 BTSのアルバム「BE」の違いが知りたいあなたへ。 BTS(防弾少年団)のアルバム「BE」は、「Essential Edition」と「Deluxe Edition」の2種類あります。なにが違うのか気...

BTS「BE」の収録曲&MV一覧

BTSアルバム「BE」収録曲とMV&パフォーマンス動画をまとめました。

Life Goes On 

「Life Goes On」はアルバム「BE」のタイトル曲です。
「人生は続いていく」という意味で、MV監督はジョングクが務めました。

Fly To My Room

「Fly To My Room」はSUGA(シュガ)、J-HOEP、ジミン、テテのユニット曲です。
タイルトルは「僕の部屋を旅する方法」という意味です。

»BTS公式YouTube【Fly To My Room

3.Blue & Grey

「Blue & Grey」はプロデュースにV(テテ)が参加した曲です。
作詞作曲にはラップラインの3人とテテが参加しています。

Skit

「Skit」はBTSメンバーの会話です。
「Dynamaite」がビルボードHOT100(シングルチャート)で1位を獲得した日の会話が収録されています。

ビルボードで1位をとった日は2020年9月1日、ジョングクの誕生日でした。
「ビルボード1位歌手の仲間入りをした日もBTSは振り付けの練習をしている」と語っています。

Telepathy

「Telepathy」はSUGA(シュガ)によると「自然と浮かんで30分で書いた」曲です。

作詞作曲にはSUGAのほか、RMとジョングクも参加しています。
「今は遠く離れていても 僕たちの心は同じだよ」という歌です。

Dis-ease

「Dis-ease(ディジーズ)」は「病気」という意味です。
作詞作曲にはJ-HOPE、RM、SUGA、ジミンが参加しています。
「誰かを変えるよりも簡単なのは自分を変えること」と歌っています。

»BTS公式YouTube【Dis-ease(병)】 

Stay

「Stay」はRM、ジン、ジョングクのユニット曲です。

もともとはジョングクのミックステープに入れる予定の曲でしたが、 V(テテ)が気に入ってみんなに勧めたことでアルバムに収録されることになったとグクがインタビューで語っています。

「どこにいてもいつも一緒にいる」ということが表現された歌です。

»BTS公式YouTube【Stay】 

Dynamite

「Dynamite」はBTSがビルボードではじめて1位を獲得した曲です。
明るく軽快なディスコポップで、「幸せ」と「自信」というメッセージが込められています。

▼BTSアルバム「BE」

BTSアルバム「BE」のコンセプトフォトについてはこちらにまとめています。

以上、BTSアルバム「BE」の曲名と読み方、メンバーの役割分担をまとめました。 参考になれば幸いです。あんにょん!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる