BTS(防弾少年団)JUNG KOOK(ジョングク)のソロ曲一覧

btsENTERTAINMENT

BTSジョングクのソロ曲が知りたいあなたへ。

BTS(防弾少年団)JUNG KOOK(ジョングク)のソロ曲をまとめました。

スポンサーリンク

BTS(防弾少年団)JUNG KOOK(ジョングク)のソロ曲一覧

 

BTS(防弾少年団)のメインボーカルJUNG KOOK(ジョングク)は、これまでに4曲のソロ曲を発表しています。

▼JUNG KOOK(ジョングク)のソロ曲一覧

タイトル収録アルバム発売日
Begin『WINGS』/『WINGS外伝』2016.10.10
Euphoria『LOVE YOURSELF 結 Answer』2018.08.24
MY TIME(時差)『MAP OF THE SOUL:7』2020.02.21
Still With Youアルバム未収録2020.06.05

ジョングクのソロ曲は、BTSアルバム収録曲が3曲、未収録曲が1曲です。

ジョングクのソロ曲①:Begin

ジョングク初のソロ曲「Begin」は、アルバム『WINGS』(2016)収録曲です。「Begin」は「はじまり」という意味です。

BTSメンバー7人とプロデューサーで話をしたときに、ジョングクの話を聞いてみんなで号泣したというエピソードがあります。

「僕にはつらいことなんてありません。一緒に暮らしているみんながつらいことがつらいです。ほかのことはよくわかりません。みんなからつらいことがなくなってほしいです。」(写真集『Dicon BEHIND THE SCENE』より)

そのときのジョングク話をもとにRMが作詞したのが「Begin」です。

ソロ曲「Begin」ではBTS最年少メンバーで、15歳(韓国年齢)で単身上京したジョングクが感じる兄たち(BTSメンバー)への思いが表現されています。
»BTS公式YouTube「Begin」JUNG KOOK

▼ソロ曲「Begin」収録アルバム

ジョングクのソロ曲②:Euphoria(ユーフォリア)

「Euphoria」は、アルバム『LOVE YOURSELF 結 Answer』(2018)収録曲です。ジョングクのソロ曲のなかで最も人気が高く、作詞にはRMが参加しています。
「Euphoria(ユーフォリア)」は「多幸感、幸福感」という意味です。

楽曲制作に参加したメラニー・フォンタナは「Koogle TV」のインタビューで、「(Euphoriaは)もともとジャスティン・ビーバーのために書いた曲だった」と舞台裏を語りました。

▼ソロ曲「Euphoria」収録アルバム

ジョングクのソロ曲③:MY TIME(時差)

「MY TIME(時差)」は、アルバム『MAP OF THE SOUL:7』(2020)収録曲です。作詞作曲にはジョングクとRMが参加しています。
R&B調の楽曲で、練習生になってから今までのジョングクの思いがつづられています。

「僕の人生はいつでも映画のようで
 毎日マイクを握って走り続ける
 違う時間のなかにいる僕
 いつか自分の時間を見つけることができるかな」
 [MY TIME(時差)より]
»BTS公式YouTube「MY TIME(時差)」JUNG KOOK

▼ソロ曲「MY TIME(時差)」収録アルバム

ジョングクのソロ曲④:Still With You

アルバム未収録のソロ曲「Still With You」は、2020年6月5日に「FESTA」で公開された、ジョングクの自作曲です。旅行バラエティ「In the SOOP」では、歌詞についてRMに相談しているシーンがありました。

ジョングクのソロ曲「Still With You」はサウンドクラウドで無料配信されています。サウンドクラウドのアドレスは「thank you army 2020」です。

BTSメンバー全員のソロ曲はこちらにまとめています。
»BTS(防弾少年団)メンバーソロ曲一覧【ミックステープまとめ】

以上、BTSジョングクのソロ曲をまとめました。
参考になれば幸いです。あんにょん!

▼ BTS関連記事 ▼

タイトルとURLをコピーしました