韓国旅行におすすめ「変換プラグ」とは【CとSEのどっちがいいの?】

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

韓国対応の「変換プラグ」について知りたいあなたへ。

韓国旅行におすすめの「変換プラグ」と購入方法、「変圧器」についてまとめました。

目次

韓国旅行におすすめ「変換プラグ」とは

日本と韓国はコンセントの形状が異なるので、日本の電化製品をそのまま使うことはできません。

日本の電化製品を使うには「変換プラグ」が必要です。

日本と韓国のコンセントの違い

日本のコンセントは「Aタイプ」です。

韓国のコンセントは一般的に「SEタイプ」と「Cタイプ」の2種類です。

どちらも差し込み口が丸ですが、「SEタイプ」の方が「Cタイプ」よりも少し直径が大きいのが特徴です。

AタイプSEタイプCタイプ
| |・・・・

韓国「変換プラグ」CとSEのどっちがいいの?

韓国の一般的なコンセントは2種類なので、「SEタイプ」と「Cタイプ」両方に使える「変換プラグ」がおすすめです。

韓国旅行おすすめ「変換プラグ」の購入方法

韓国で日本の電化製品を使うために必要な「変換プラグ」は日本から購入できます。

韓国旅行に「変圧器」は必要なの?

日本と韓国は電圧 (ボルト数)が異なりますが、「変圧器」は必要ない場合がほとんどです。

日本と韓国の電圧の違い

日本の電圧は100V、韓国の電圧は220Vです。

▼日本と韓国の電圧の違い

  • 日本 : 100V
  • 韓国 : 220V

海外対応製品とは

「海外対応」の製品や、「100V-240V」表示の製品は韓国でもそのまま使用できます。

「100V」と表示された日本製品を韓国で使用するためには「変圧器」が必要です。

スマホやパソコン、デジカメなどはほとんど「100V-240V」に対応しているので、充電に「変圧器」は必要ありません。

  • 変圧器不要
    • 海外対応製品
    • 「100V-240V」表示
  • 変圧器が必要
    • 「100V」表示

主に日本のドライヤーやヘアアイロンは「100V」と表示されています。

「海外対応」のドライヤーやヘアアイロンなら「変換プラグ」を差し込むだけで使用できます。

以上、韓国旅行におすすめの「変換プラグ」と購入方法、「変圧器」についてまとめました。

韓国旅行に必要なものはこちらにまとめています。

韓国旅行でスマホを使う方法はこちらにまとめています。

最後まで読んでいただき、感謝しています。

参考にしていただければ幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次